×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サイト TOP > 退職金に対する税金について

退職金に対する税金について

退職金の優遇制度とは

退職金には健康保険や厚生年金の保険料がかかりません。なので、通常は給料やボーナスよりも
手取り分が多くなります。

また、他の所得にはない優遇制度があるのです。

税金例えば勤続20年以内の人の場合、勤続年数1年あたり40万円の控除があります。

具体的にいうと、勤続10年の人なら400万円。勤続20年であれば800万円までは税金がゼロということになります。

さらに勤続が20年よりも長くなると勤続年数1年あたりの控除額が増え、70万円となります。

ほとんどのサラリーマンはこの控除額で収まるのですが、仮に控除額を超えた場合でも、
超えた金額の1/2に対して課税されるだけです。

たくさん控除を受け、さらに半額だけが退職金と見なしてもらえるということですね。ですから忘れずに控除を受けなければ大損をしてしまうことになります。

申告書を提出しよう

このように税制面で優遇されている退職金ですが、控除を受けるには『退職所得の受給に関する
申告書』を会社経由で税務署に提出します。

もし仮に申告書を提出しなかった場合、当然優遇は受けられず、退職金の総額に対し20%もの
所得税が引かれてしまいます。

ただ、後日、確定申告をすることによって過払いの税金は還付してもらえるのですが、
戻ってくるのは翌年の4月以降になってしまうので大変ですね。

なので、もし勤務先の総務担当から申告書のお知らせがない場合は忘れずに自分から申し出を
しましょう。

>> ホームへ戻る