×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サイト TOP > 転職に際して注意したい事

転職に際して注意したい事

会社を辞めてみると改めて見えることがたくさんあります。

そのひとつが「信用」という側面です。

一旦、会社員という立場から離れてしまったら最後、たちまちその信用は失われてしまい
様々な形で社会的に不利な状況に追い込まれてしまうのです。

ここでは、そのような状況になる前に、とりあえずやっておきたい事を記しておきますね。

まだ間に合う場合には、自分にとって今どれが最も必要なのかをよく検討してください。

辞める前にクレジットカードを作っておこう

最近、クレジットカード決済オンリーというインターネット上のサービスが増えています。
そういう意味ではカードがないととても不便な世の中とも言えますね。

また、ATMからいつでもお金を借りられるカードローンが充実していますので、今後失業した場合などイザという時の助けになるかもしれません。

ところが、クレジットカードを持つには審査が必要で、一定基準をクリアしなければカードを持つことはできません。転職してスグには審査が通らないことがほとんどなので、予め作っておきましょう。

なお、カード選びのポイントは次のとおりです。

  • 年会費永久無料
  • ポイント還元率が高い
  • 保障内容が充実している(障害保障/盗難保障など)
  • 入会特典がある(入会ポイントなど)
その全てをカバーした<<楽天カード>>
このネットショッピング全盛の時代に楽天カードを持たない理由は見当たりませんね。
筆者の場合は公共料金の引き落としにまで使っているので、年間に貯まるポイントは1万ポイントを下回ることはありません。
そのポイントで、お正月用の毛ガニを買うには充分です^^
>> 年会費永年無料の楽天カード

辞める前にローンの申請をしておこう

住宅ローンや教育ローン、自動車免許の取得ローンなどを利用したい方は是非とも在職中に申請しておきましょう。このような融資案件は会社員という立場が一番有利です。

この不況下では、自営業などのフリーランスではローンが通らないことが多いのです。

一旦ローンが通ってしまえば、その後すぐに退職しても何も問題はありません。ただ、当然ですが返す見込みがない借金はいけませんけどね。

ですから、もちろん毎月の支払いが滞らないよう、返済計画を入念に行なってください。

なお、お勤め先の互助会など、その企業に所属していることが条件の融資制度は、退職と同時に一括返済を求められる可能性があるので注意してくださいね。

辞める前に住宅を確保しておこう

現在、社宅に住んでいる人や退職したら引越しが必要な方は、退職前に住む場所を確保しておきましょう。

なぜなら、無職はもちろん、転職したばかりの人はアパートを借りづらいからです。
いえ。借りづらいというより、ほとんどの場合貸してもらえません。

そういう意味では、会社に長く勤務しているという実績はやはり信用が高いのです。

また、公団などの公営住宅を借りる場合には所得証明書の提出を求められることがあります。この場合は前年度の証明になりますので、退職してからでも賃貸契約できる場合があります。

詳しくは、お住まいになる予定の地域にある役所で条件などを確認してください。

>> ホームへ戻る